アメリカ留学のいろは:アメリカ留学と留学生活について−ホーム>ネタ・エピソード・おまけ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アメリカに関する話題

<公共料金の滞納>

アメリカで公共料金(ガス電気、インターネット)の滞納はどれぐらいの期間可能か身をもって検証してみました (ただ単に払うのが面倒くさくて支払いが溜まっていただけなのですが)。

結論から言うと、ガスと電気は滞納3ヶ月目の請求書に次払わないと止めると警告され、 それでも支払わなかったら4ヶ月目でラインを切断されました。 ネットは滞納2ヶ月目で警告をうけ、その後すぐにストップされました。 いずれもすぐに支払いをすればサービスが回復しますが滞納料金が発生したり、 クレジットヒストリーにひびく場合もあるらしいので、 いずれにせよ毎月きちんと期日までに支払うのがいいのは言うまでもないでしょう。

余談ですが、アメリカの公共料金の支払いは小切手を郵送したりオンラインで済ませたりします。 サービスを提供しているプロバイダーによっては銀行引き落としが可能な場合もあります。 その他、公共料金の一部がアパートの家賃などに組み込まれていることもあるのでアパート探しのときはそこも参考にしましょう。

Copyright (C) 2008 アメリカ留学のいろは All rights reserved.