アメリカ留学のいろは:アメリカ留学と留学生活について−ホーム>アメリカ留学
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム>アメリカ留学

アメリカ留学を応援サポートする留学情報サイト!










学校のシステム

<GPA>

近年日本の諸大学でも導入されつつあるのがこのGPAですが、GPAとはアメリカで使われている成績の表し方でGrade Point Averageの略です。 日本の高校生が大学入試の際の内申点に異常にこだわるように、アメリカの高校生や大学生もこのGPAの数字に振り回されます。 高いGPA値は奨学金をもらうときに必要だったり、低いGPAは退学の危機をまねいたりと学生が一喜一憂させられるのがこのGPAであり、 非常に大事なものです。GPAの最高値は4.0(A)で最低値は0.0(F)です。
A [4.0] 〜 B [3.0] 〜C [2.0] 〜 D [1.0] 〜 F[0.0]
上にも説明したとおり、奨学金を受け取る際には3.5〜3.9の高いGPAが求められたり、またいくつかの学期中にGPAが2.0〜2.2未満の生徒には退学措置が下されることがあるなど、 学校生活でこのGPAはついてまわるものです。

Copyright (C) 2008 アメリカ留学のいろは All rights reserved.