アメリカ留学のいろは:アメリカ留学と留学生活について-ホーム>アメリカ留学生活
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム>アメリカ留学生活

アメリカ留学を応援サポートする留学情報サイト!

留学中に

<ソーシャルセキュリティーナンバーの取得>

社会保障番号(ソーシャルセキュリティーナンバー)は略してSSNと呼ばれ、 アメリカ人は社会で生活するために何かとこのSSNが必要になります。

ではアメリカで生活する留学生はどうかというと、持っていなくてもそこまで困ることはありません。 ただアパートを借りるときや何かの契約をするときにこのSSNを持っていると、 信用度の点においてなにかと便利なのはたしかで、 留学生でも持っていると役に立つときがあります。

SSNの取得の仕方ですが、もともとこのSSNはバイトなども含めた仕事に就くときに必要な番号であり、 基本的に留学生はバイトをしないとこのSSNは取得できません。 ごくたまにバイトをするしないにかかわらずSSNを発行してくれるところもあったようですが、 最近はそれもあまりないようです。したがってSSNを手に入れるにはバイトをすることが一番の近道です。

まずは自分が通うキャンパス内でバイト募集のところを見つけそこで雇ってもらうようにたのみます。 もし雇ってもらうことが決まったらバイト先のボスに 「自分はSSNを取得しないといけないから、Social Security Office宛てに手紙を書いてくれ」 とお願いします。 手紙の内容は「この手紙を持つ留学生はキャンパスでバイトをするためにSSNが必要なので発行してあげてください」 というかんじに書いてもらいます。 そしてその上司から手紙とは別にもう一枚、自分の学校の留学生アドバイザーからも同様の内容の手紙をもらいます。 2種類の手紙が用意できたら次にSocial Security Officeへ向かいます。

Social Security Officeにはパスポート(ビザとI−94)とI−20と上で説明した2種類の手紙を持っていきます。 オフィスでは受付で番号札とSSN申請用紙をもらうので、 自分の番号が呼ばれるまでの間にその用紙に必要事項を記入します。 番号を呼ばれたら窓口に行き、バイトをするからSSNがほしいことをきちんと伝えて手紙と申請用紙を提出し、 持ってきた書類も見せます。 窓口係の人が書類審査を通すと申請は完了です。

あとは後日(1週間か2週間後ぐらい)にSocial Security Cardが郵送されてくるので、 届きしだい名前を確認します。 SSNカードの番号は9桁ですが、一番いい方法はすべて暗記することですが、 どうしても暗記できなかったら手帳などに自分なりにちょっと細工をして書き写しておきましょう。 送られてきた番号カードは暗記した後に大切に保管しておきます。 ちなみに、万が一なくした場合の再発行は一回までしかできないので注意が必要です。

Copyright (C) 2008 アメリカ留学のいろは All rights reserved.