アメリカ留学のいろは:アメリカ留学と留学生活について-ホーム>アメリカ留学生活
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム>アメリカ留学生活

アメリカ留学を応援サポートする留学情報サイト!

渡米後すぐ

<プリペイド携帯を持つ>

渡米したらすぐとはいいませんが、携帯電話を持つといいと思います。 たしかに日本のケータイのようにいろいろな機能が付いたハイテクなものはいっさいないですが、 とりあえずケータイを持つと自分の連絡先が確立できるので必要だと思います。

主にケータイは年間契約のものとプリペイド式のものと2種類ありますが、 ズバリここではプリペイドのほうをすすめます。 そもそも年間契約タイプの携帯は高いデポジットを払ったり、 月額料金なども払わないといけなく、その割にケータイの機能がしょぼいので割に合わないかなと思います。 アメリカではとりあえず電話できれば携帯として成り立つぐらいの勢いなのでしょうがないですね。

プリペイドの携帯はそれこそ普通のスーパーで売っているので、 手に入れようと思えばアメリカに来たその日にゲットできます。 アメリカのプリペイド携帯は匿名性が高く、身分証の提示や住所の登録、 口座番号の登録などはいっさいありません。 プリペイド携帯の売り場で自分の気に入った本体を選び、その携帯と合うプリペイドカード(Air time card)を買います。 家に帰ってインターネットで自分のパソコンのメールアドレスを使いプリペイド携帯の登録を済ませ、 サービスを開始させて買ってきたプリペイドカードの可能通話時間を本体に入れてあげればすぐに電話が使えるようになります。

プリペイド携帯は2ヶ月に一回や3ヶ月に一回のペースでプリペイドカードを買って通話可能時間(Air time) を追加してあげないとサービス期間が延長されません。 しかしそれでも計算すると月に10ドル〜15ドルぐらいの出費で抑えられるので、 年間契約ケータイと比べると断然安上がりなのはたしかです。その他、プリペイド携帯でも国際電話が可能な携帯もあるので、 いろいろなプリペイド携帯の会社を比較してみるといいです。

プリペイドじゃなく年間契約の携帯を持ちたい場合は携帯会社の支店や店舗に行き年間契約を結びます。 その際はクレジットヒストリーや社会保障番号(SSN)の提示がもとめられるので留学生には敷居が高いのも事実です。 ヒストリーやSSNがない場合はデポジットを払うことによって年間契約を結ぶことが可能です。 デポジットは500ドル〜600ドルぐらいかかる場合があります。 そのほか州IDや運転免許の提示などをもとめられる場合が多いので、その点も考慮に入れる必要があります。

Copyright (C) 2008 アメリカ留学のいろは All rights reserved.