アメリカ留学のいろは:アメリカ留学と留学生活について-ホーム>アメリカ留学生活
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム>アメリカ留学生活

アメリカ留学を応援サポートする留学情報サイト!

留学中に

<ゴミの分別−燃える、燃えないゴミ>

アパートに初めて住む留学生でゴミの分別に悩む人がいるかと思いますが、 アメリカではゴミを分別しません。 アパートの敷地内にそこの住人が利用するゴミ捨て場があると思いますが、 アメリカ人はなにこれ構わず一枚のビニール袋にひとまとめにしてポイっと捨てます。 分別しないで空き缶も鼻紙も生ゴミもすべてひとまとめにするなんて日本じゃ到底考えられませんが、 アメリカではありだそうです。

<粗大ゴミ>

アパートのゴミ捨て場をたまに通りかかると信じられない光景を目にすることがあります。 ゴミ箱にソファーがあるごと頭から入っていたり、昨日まで使っていたようなテレビが平然と放置されたりします。 日本ではお金を払って粗大ゴミを引き取ってもらいますが、 アメリカではソファーほどの巨大なものでもゴミ箱に放置すれば無料で回収してくれるらしいです。 知っておいてほしいことのひとつとして、 粗大ゴミを処分するときに一番環境にいいやりかたはそれらをリサイクルショップやセカンドハンドショップに寄付することです。 リサイクルショップも地球もみんな幸せになれます。

<その他のゴミ>

アメリカでは街中に中古ショップがたくさんあり、 古くなった物をゴミ扱いしないで壊れるまで使い古すという大変いい面がありますが、 その反対にリサイクルに疎かったりします。 日本ではスーパーで牛乳パックや肉のトレーを回収する光景は頻繁に見ますが、 アメリカではそういうことはあまりやっていません。空き缶やペットボトルのリサイクルもあまり見たことはありませんし、 スチールとアルミに分けるなんてこともないと思います。

その他、使用済み電池もリサイクルにまわさず燃えるゴミといっしょに捨てるのでちょっと驚きです。 使用済み電池は近くの事務用品店や電化製品店でリサイクル回収をしているところがあるのでたずねてみてください。

Copyright (C) 2008 アメリカ留学のいろは All rights reserved.